Research

 Our research interests include power electronics for renewable energy sources (photovoltaic panels, fuel cells, etc.), energy storage devices (batteries and supercapacitors), and spacecraft power systems. Power conversion technology and its control on the basis of power electronics are essential to introduce renewable energy systems. Applications of power electronics converters cover a broad range, from small portable gadgets to planetary probes. We propose and develope novel power electronics converters and control techniques with the aim of practical use. Several collaborative research projects are underway in our laboratory, and we also work on the mission to develop novel power electronics converters for spacecraft power systems.

 再生エネルギー(太陽光や風力等)や蓄電池向けのパワーエレクトロニクス、ならびに人工衛星や惑星探査機搭載を目指した電力変換器(コンバータ)に関する研究を行っています。昨今では地球温暖化や化石燃料枯渇などの環境問題を背景に再生エネルギーや蓄電池の利用促進が求められており、電力変換とその制御を取り扱うパワーエレクトロニクスは再生エネルギーの導入に必要不可欠な技術です。また、コンバータの用途は多岐に渡っており、携帯機器や自動車等の身近なものから惑星探査機まで、ほぼ全ての電子機器に搭載されています。当研究室では実用化を強く意識した新方式のコンバータや制御手法の提案を軸としており、製品化に向けた企業との共同研究、更には宇宙機搭載を目指したプロジェクトにも取り組んでいます。

 

■リチウムイオン電池や電気二重層キャパシタ等の蓄電セルの電気特性ばらつきを解消する「セルバランス回路」(Cell Equalizer to Eliminate Voltage Imbalance of Lithium-Ion Batteries and Supercapacitors)


 

■太陽電池に掛かる影の悪影響を回避するための「部分影補償器」(Equalizer to Preclude Issues of Partial Shading on Photovoltaic Panels)


 

■コンバータと部分影補償器/セルバランス回路を統合した「 統合型コンバータ」(Converters Integrating Equalizers for Photovoltaic Panels or Energy Storage Cells)


 

■複数台のコンバータの一体化を可能とする「マルチポートコンバータ」(Multi-Port Converters Integrating Multiple Converters)


 

■スイッチトキャパシタによるコンバータの高効率化・小型軽量化・高電力密度化(Switched Capacitor Converters for Efficient and Miniature Power Conversion)


 

■人工衛星や惑星探査機搭載用コンバータ(Power Converters for Satellite and Spacecraft)